キャバクラのお店で働く事を考えたときに、できるだけ避けたいお店というものがあります。企業でいうところのブラック企業ならぬブラックキャバクラと言えばいいのでしょうか。女の子の待遇が悪かったり、賃金の支払いがスムーズでなかったり、中には違法なことを行っているお店というものも少なからずあるものです。
では、限られた求人情報の中からそういった避けるべきお店を選ぶことができるのかというと、なかなか難しい所です。そこで、今回はこういうキャバクラはNG!というポイントを何点かご紹介したいと思います。

 

1.お店のホームページがない、もしくは適当に作られていると感じる

これはとても怪しいパターンです。お店の電話番号が携帯電話の番号しかないという場合も避けた方が無難でしょう。ホームページはお店の顔ですので、アクセス方法や連絡先なども掲載されているもの。これがもし全く無いということなのであれば、まず避けてみた方が良いです。

2.電話対応が不親切

応募の際に電話で相手の対応を見ると言うのも一つの手です。応募することを伝えた際に、相手の態度が電話の応対が不親切だったり、横柄だったりした場合には、自分が働いた際にも揉めたり問題が発生したりする可能性も大きいでしょう。これも避けた方が良いです。

 

3.路上でスカウトをしている

これは今ではたいてい自治体の条例などで違法行為に定められています。こういったお店は避けた方がいいでしょう。

 

4.身分証明書の提示を求めない

未成年を働かせるなど違法行為を行っている可能性が高いので、これも避けた方が良いでしょう。